鍵交換・大阪・東大阪市・堺市などに鍵屋大阪で格安対応。鍵取付や鍵紛失など大阪市。カギ屋

鍵交換・大阪
出張費・作業費・部品代・すべて込み鍵交換 人気ランキング 鍵交換

ディンプルキー商品紹介

鍵交換

レバーハンドル化をおすすめ致します。

レバーハンドル交換 昔ながらのノブを使いやすいレバーハンドルに交換出来ます。鍵もディンプルキーで防犯性能も高くなります。

お年寄りの方や手の不自由な方に特におすすめです!!

ノブタイプでは使いにくいとの声をよくお聞きいたしますレバーハンドルへ交換すればドアの開け閉めも楽になるので是非一度ご検討くださいませ。

※玄関ドアだけではなく、室内の扉にもレバーハンドル化をおすすめしております。
当社では低価格で鍵交換をしておりますのでお気軽にお問い合わせください。


バイクの鍵・紛失キー作成






デジタル錠・暗証番号・ICチップ

鍵交換ならカギのレスキュー大阪まで

鍵交換はプロにお任せ!!鍵交換を業者に依頼するメリットとは?

皆さんの中で、鍵交換で悩んでおられる方はいませんか?「鍵交換をしよう」「鍵交換が必要になった」など、鍵交換の検討をしていたり、しなければならなかったり、色々な状況がありますよね。ここでは、鍵交換を業者に依頼するメリットについてお伝えします。

鍵交換は錠前の中シリンダー交換を行うこと!

鍵交換とは

鍵と言うのは、本来、鍵穴に挿し込んで錠を開閉する道具です。そして、鍵交換と言うのは、鍵を挿し込んで回すシリンダーと言われる部分を交換することです。錠前は、ドアノブとシリンダー部分の全てを合わせたもので、形状やデザインには色々な種類があります。

主に玄関ドアに採用されている錠前タイプとは
@ 彫込錠

彫込錠は、ドアの中に箱型の機構が埋め込まれており、ドアノブと鍵穴は別々のタイプになっています。

A 面付錠

面付錠は、彫込錠はドアの中に箱型の機構が埋め込まれていますが、室内側のドア表面に取り付けられているタイプになります。

B プッシュプル錠

プッシュプル錠は、ハンドルの押し引きで簡単に扉を開閉できるドアです。中には、室内と室外の気圧差を軽減することができる機能が備わっているタイプもあります。

C サムラッチ錠

サムラッチ錠は、ラッチボルトを親指で押し下げドアを開閉するタイプです。

D インテグラル錠

インテグラル錠は、鍵穴が円筒状のドアノブの中心にあります。彫込錠と同じ様に、ドアの中に箱型の機構が埋め込まれているタイプになります。

E 引戸錠

引戸錠は、引き戸に採用されている錠前です。戸が壁と接する部分に設置するタイプ、戸が2枚以上の引き違い戸で中央部分に設置するタイプ、この2つのタイプがあります。

玄関ドアに多く使われているシリンダーの種類とは?

玄関ドアに使われるおもなシリンダーには、ディスクシリンダー・ロータリーディスクシリンダー・ピンシリンダー・ディンプルシリンダー・マグネットシリンダーが挙げられます。シリンダーの中には、タンブラーと言われる部品が入っているのですが、鍵に刻まれた溝や穴に合うことで鍵が解錠される仕組みです。タンブラーは、円盤状、ピン状、磁石付きなどがあり、ディスク、ピン数、方向、動き方などが複雑な程、鍵としての防犯性は高くなっています。

型番や取り付け方を間違えると鍵は開かない

玄関の鍵交換を行う際には、シリンダーの型番に対応したタイプを選ぶことがポイントです。そして、正しく鍵を取り付けることが大切なります。型番に対応していないものを取り付けたり、取り付け方を誤ったりしてしまうと、ドア自体の破損に繋がることもあり大掛かりな修繕を要する場合もあります。

型番を調べてから最適なシリンダーを選ぶ

多くの型番の場合、錠前のフロントに型番は刻印されています。錠前の種類によって型番が刻印されている場所が異なることもあり、錠前のフロントに型番の刻印が無い場合には、サムターン周辺などを調べてみましょう。

鍵交換を行う主な理由とは?

賃貸物件に入居することが決まったから

新しい賃貸物件に入居する際には、前の入居者の方が合鍵を作っている場合もあり、盗難や不法侵入と言ったトラブルに繋がることも考えられるからです。こうした住宅に関するトラブルを避ける為にも、新たな賃貸物件に入居する際には、必ず鍵交換を行うことをお勧めします。

鍵を紛失してしまったから

鍵を紛失してしまう事態は、突然の事態なので皆さん慌ててしまうものです。自分の行動を思い返しながら、どこで紛失してしまったかの記憶を辿り、鍵を探すことになると思いますが、鍵が見つからなかった場合は鍵開けの依頼をしますよね。その際に、鍵開けのみ依頼してしまう方は多いのですが、鍵開けの際に鍵交換もしておくのがお勧めです。鍵を失くしてしまったと言うことは、誰かが失くしてしまった鍵を持っている恐れがあります。なので、住宅の防犯を考慮すると鍵開にみの依頼は危険性があります。日常生活を安全で快適に過ごす為にも、鍵交換を行っておきましょう。

防犯性を高めたいから

鍵交換で防犯上の理由で検討されている方と言うのは、空き巣被害の防止、10年以上家の鍵交換をしていない、空き巣被害に遭った為鍵交換をするなど、色々な理由があるかと思います。防犯性の高い鍵にも様々な種類があります。防犯性の高い鍵は、取り扱いメーカーも色々あり、鍵の種類によって高額な鍵もあります。なので、料金相場を確認しながら、鍵交換の条件に適した鍵交換を行いましょう。

鍵が壊れてしまったから

鍵や錠前が壊れてしまった際には、自分で対処せずに鍵修理のプロに相談して下さい。錠前が壊れる一番の理由には、鍵穴に埃などのゴミが溜まることです。例えば、鍵穴に油を挿して自分でどうにかしようとする方もいますが、これは誤った方法なのでやめましょう。油を挿すことでゴミが余計に付いて、かえって面倒な作業が増えてしまうので注意して下さい。

住宅の鍵交換費用の相場とは?

住宅の鍵交換費用をする時にかかる費用

住宅の鍵交換が必要なるケースには、主に4つ挙げられます。鍵を紛失してしまった・鍵が壊れた・防犯性を高めたい・賃貸物件に引っ越した、これらの場合に鍵交換を行うことが多いです。基本的に鍵交換費用と言うのは、鍵の種類によって異なります。では、それぞれの鍵の交換費用の目安を参照してみましょう。

シリンダータイプの鍵交換の場合

シリンダータイプの鍵交換では、約10000円〜30000円が相場となっています。シリンダータイプと言うのは、一般家庭で採用されていることの多い鍵タイプです。メーカーごとに鍵交換費用は変わってきますが、高くなったとしても約30000円以上の高額な交換費用になると言うことはあまりありません。

プッシュプルタイプの鍵交換の場合

プッシュプルタイプの鍵交換では、約15000円〜80000円前後が相場です。プッシュプルタイプ一言で言っても、採用する鍵の種類が異なるので費用相場の幅は広くなっています。また、プッシュプルタイプの取手本体でも、鍵交換費用は変わる為費用が高くなる場合もあります。

鍵専門業者に交換依頼するメリット

鍵交換と言うのは、自分で行うことも可能ですが、交換したいと思っている鍵が今までの鍵とは違う場合、鍵交換は少し難しくなります。そんな時は、プロに鍵交換を依頼するのがお勧めです。特に、家の玄関の鍵交換を行う際には、防犯性の高い鍵へ交換するのがお勧めです。鍵交換のプロである弊社では、依頼者の細かな要望にも応えることができるので、防犯性の高い鍵交換の希望であればプロにご相談下さい。

また、鍵交換を自分で行う場合には、鍵をしっかり取り付けることができない場合も多いです。しかし、そうなってしまうと、防犯性の高い鍵に新たに取り付けてもその意味がありませんよね。もし、鍵の取り付けに不安や心配がある場合は、鍵のプロである弊社にお任せ下さい。正しくスムーズに鍵の取り付けができることはもちろん、他にも、鍵に関することで聞きたいことなどがあれば相談に乗らせて頂きます。

玄関の鍵交換の種類について
引違い錠

引違い戸とは、2本以上のレールに戸をはめ込んである引き戸のことです。左右に滑らせて開閉する、ふすまや障子のような形状をしています。鍵交換をしたいと考えていても、ドアノブがついているものしか鍵の交換はできないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。じつは、引違い戸の鍵も交換することが可能なのです。

暗証番号タイプ

暗唱番号タイプは、暗証番号を押すことで鍵を開けることができます。また、鍵を失くしてしまうことも無く、ボタン式で開閉可能なので便利です。中には、ゲストパスワードを設定することができるタイプもあり、例えば、自分が留守の間に両親や知人が訪問に来ても、ゲストパスワードで入ってもらうことができます。番号も一回きりの使用になるので、誰かに悪用される心配はありません。

ICタグタイプ

ICタグタイプは、ドアにカードをかざす、或いは、差し込むだけで、開閉できる鍵のタイプになります。鍵穴が無い為、ピッキングの心配もありません。

指紋錠タイプ

指紋錠タイプは、指紋認証での開閉で鍵を持たず、手間がかからないことが良さです。登録した指紋のみ認証する為、防犯面に関しても安心です。指紋認証には、併用して暗証番号キーなどの別タイプの鍵も付いており、万が一、認証に失敗したとしえも大丈夫になっています。

リモコンタイプ

室外側にボタンがあるのはもちろん、ドアの室内側にもボタンがあります。リモコンキーさえ持っていれば、室内側からもボタン一つで開け閉め出来ます。電気配線がありませんので、新築でもリフォームでも電気工事が必要ありませんので、商品代だけで設置可能です。

車の鍵交換費用の相場とは?

車の鍵交換をする時にかかる費用

車の鍵交換の費用は、鍵の種類によって異なることが多いです。シンプルな鍵であれば安く、キーレス機能の付いた電子キーやイモビライザーキーの場合は、高額になります。それぞれの鍵の交換費用の目安を参照してみましょう。

キーレスタイプ(電子キー)の場合

キーレス機能の付いた、いわゆる電子キー。電子キーの鍵交換費用は約12000円〜30000円といったところでしょう。シリンダーごと交換する場合は、約80000円〜が相場です。車の車種によっても大きく異なるでしょう。また、高級車の場合は約80000円〜120000円以上にまでなる場合もあります。電子キーの場合は、車側の設定変更も必要になるため、通常の鍵に比べて費用は割高になる傾向があります。鍵作成の期間は、約7日〜14日程度が一般的です。

一般的な鍵穴の場合

一般的な車の鍵、見た目にギザギザしたものなどが、この部類に入ります。この場合、鍵のみの交換費用は、約8000円〜12000円となることが多いでしょう。シリンダーごとの交換となると、約10000円〜20000円程度となり、高級車はより高額になる傾向があります。一般的な構造のギザギザの鍵ですが、中には特殊な構造をしているものも多くあります。そのような種類の鍵の場合、費用が割高になることは否めません。一般的な鍵交換の所要時間は、シリンダーごとの取り換えで約7日〜10日が目安になります。

鍵専門業者に交換依頼するメリット

鍵屋さんに依頼をするメリットは、ディーラーに比べて、素早く対応をしてくれることが挙げられます。鍵交換となると、すぐにでも対応してほしいことがほとんどですよね。その点、鍵屋への依頼は安心といえるでしょう。価格的にも比較的安いといえます。一方、ディーラーに依頼すると、作業依頼してから完了するまでに時間を要すことが大きなメリットと言えます。急を要する場合には、鍵専門業者への依頼を検討したほうが賢明です。

費用を節約する3つのポイント
鍵穴内部のピン配列を変更してもらう

鍵穴の内部にはピンと呼ばれる配列が設定されています。そのピン配列のみを変更することで、鍵をすべて交換するときよりもかかる費用を節約できます。1ヵ所だけでは不安がありますが、すべてのシリンダーのピン配列を交換すれば、防犯面も安心でしょう。

助手席などのシリンダーと交換する

車のドアのシリンダーです。このシリンダーは、運転席はもちろん助手席や後部座席にも設置されていますよね。これらのシリンダーは場所を変えることができるのです。そのため、鍵穴の劣化が原因であれば、シリンダーの鍵交換を検討してみるのもよいでしょう。

エンジンキーだけを交換する

エンジンキーは“イグニッションキー”ともいい、エンジンをかけるときに使用するものです。一般的な車の鍵といえば、エンジンキーといえるでしょう。エンジンキーを新しいものに交換すれば、鍵を2本持ちする必要はありますが、交換費用を抑えることができます。

節約裏技ポイントのまとめ

これらの方法は、鍵を交換する費用を抑えるためのある種裏技のようなものです。使用する機会は少ないかもしれませんが、機会があればスタッフに提案してみるのもよいでしょう。よりよいアイデアを提案できる可能性もあります。

まとめ

鍵交換が必要なシーンや状況には色々ありますよね。弊社では、住宅、車、バイク、金庫など、色々な鍵開けや交換を行っています。快適で安全な生活を送る上でも、鍵のトラブル解決や鍵交換は大切です。鍵のことでお困りの際には、是非、お気軽にお問い合わせ下さい。